身近な河川情報の伝達は、SNS で運用するのが得策です。

 

2019年10月12日21時頃、数十年に一度と言われる台風19号「ハギビス」が我が家の近くを通過していきました。

この頃、テレビの報道では多摩川の氾濫が数多く伝えられていましたが、我が家の関心は、その支流である野川でした。 家から多摩川までの距離は2キロに対し、野川までは300メートルと目と鼻の先なのです。

大雨により、野川の水位は当然上がってきます。
防災サイトで公式の水位情報を求めましたが、上流の計測値だけで近隣のものは有りません。 市役所のホームページに情報を求めてみました。
しかしアクセスが集中して、防災情報のページを何分待っても開くことができません。

野川の現状を映しているライブカメラも有りましたが、これもアクセスが集中して、同じ状態です。 このように非常時に一斉に皆が情報を追い求めると、回線に余裕がが無い公式サイトは全く役に立たないのです。

最後に情報源をSNSに求めました。

Twitterで検索すると、市役所の公式アカウントが有りました。
ただ残念なことに、これも「詳しい防災情報は公式サイトへ」とリンクされていて、堂々巡りです。

そんな中、注目のツイートが有りました。
地元の市議会議員が、1~2時間毎に定点撮影した野川の水位を、Twitterに動画でアップロードされていたのです。

13時30分 https://twitter.com/nogawa4751/status/1182880970652839939
14時30分 https://twitter.com/nogawa4751/status/1182891872928165889
16時10分 https://twitter.com/nogawa4751/status/1182917986442547200
18時10分 https://twitter.com/nogawa4751/status/1182948802514182145

これがとても役立ちました。

市議会議員は自衛隊OBでもあり、冷静な判断のもと、水位に関するコメントも付け加えられていたのです。
普段見慣れた河川の増水状態が、このように自宅で定期的に見れることは、非常に心強いものがあります。

Twitter は、「天空のラピュタ」がテレビ放映される度に「バルス祭り」で鍛えられているので、アクセスの集中にも十分な耐性を持っており、非常時でもストレス無く情報を入手できます。 これに比べれば、通常では役立つ公式サイトも、非常時には「無用の長物」です。

今回の台風15および19号の襲来でつくづく感じたのですが、河川の氾濫に関しては、その結果よりも、これから予測出来うる事実の提供の方が、より重要であるという点です。 しかもその内容は、マスメディアが流す遠くの被災結果ではなく、身近な河川水位の「いま」が知りたいのです。

その為にはどうするか、考えてみました。

所管する官庁の職員が、豪雨の度にわわわざ河川に赴き、動画を撮影するなど愚の骨頂です。 そこは、これまでのインターネット技術を活用すれば解決するはずです。

まず、河川の氾濫が予想される複数の箇所にライブカメラを設置します。
このライブカメラのアドレスは非公開とし、管理運営はすべて所管の官庁が行います。 豪雨に見舞われ、所管河川の水位の上昇が見られた場合、ライブカメラの動画ファイルを1時間毎に官庁の公式Twitterアカウントで にツイートすればよいのです。
そのツイートを、近隣住民が「#(市町村名) or (河川名)」と検索することで、刻々と変わる身近な河川の今の水位を、誰でもスマホで知ることできます。

将来的にはAIでの管理・運営・制御が可能になるかもしれません。

このような施策を実施すれば、人的被害をより減らせるのではないでしょうか。
各河川管理担当の方は、検討よろしくお願いします。

最後になりましたが、台風で亡くなられた方々のご冥福をお祈りしますと共に、被災された方々に対してお見舞い申し上げます。

2019年11月2日

※スマホの便利な活用法のお問い合わせはこちらまで