いつ書くか?…いまでしょ!

文章を書く時は構えます。

気持ち的には勿論の事、物理的にも紙とペンを用意したり、またはアプリをを立ち上げます。逆にふと頭に浮かんだフレーズを忘れない為にメモ帳を手離せない時も有りました。書きたい時に書けない状況にイライラした経験も有ります。

ところで、利用されている方も多いと思いますが、私も文章を作成及び保存を管理してくれるDropbox paperを使っています。マルチ・プラットフォームなので、スマホ・タブレット・パソコンのいずれでも使うことができます。いまこの文章もこのアプリを使って書いています。

本来ですと、複数の人間が一つ資料を作成するためのものですが、私の回りにはこの機能を使いこなして一緒に資料を作ろうと思う人がいないので、1人で使っています。画像も組み込める事ができ、完成した文章をワープロ形式のファイルに変換する事も可能です。

特に「箇条書き」機能がお勧めです。

まず文章を箇条書きで作成します。
推敲の段階で、修正はもちろん、削除または追記を行っても、他の文章に位置ずれ等の影響を与えません。また文の差し込みや入れ換え、組み替えが簡単です。

すべての文が完成しましたら、一つずつ崩していき、文を繋げて行きます。
改行コードを入力すると段落が変わります。

これを使って改めて感じたのですが、文章を書く事は、暇つぶしになります。
ちょっとした空き時間にスマホから報告資料の文章を書く。通勤電車の中でこれを使えば、あっと言う間に降りる駅に到着です。

また文章のネタが思いついた時、取り敢えずタイトルだけ書き込み、本文無しで登録しておきます。つまり文章作成の備忘録とするのです。

更におおまかな流れに沿って要点を箇条書きにしたプロットを書き加えておくことも、お勧めします。

構想はあるのだけれど時間が無い時に重宝します。

2018年7月5日
追記:2019年3月2日

※スマホの便利な活用法のお問い合わせはこちらまで