電子書籍は、スマホで読むのが一番。

電子書籍を読むようになって久しい。

私は、何から何まで電子書籍でなければならないという気概を持ち合わせていない。

だから、リアル本もしっかり読んでいる。
「サイコパス」の槇島聖護が、リアル本に込めた思いを感じれば、尚更だ。

しかしながら我が家の事情により、リアル本の保管場所に困るのが明白であるので、電子書籍に依存する割合がどうしても高くなる。

その中で最近、電子書籍はタブレットでなく、スマホで読むのが一番だと感じ始めている。

だいたいにしてAndroidの世界では、タブレットそのものが絶滅危惧種に指定されていても可笑しくない状態だ。

コミックを読むには大きめのディスプレイを求められ、タブレットはその期待に応えられる。 しかしこれが書籍となれば、その制約は解かれる。

スマホの場合、1画面に表示される文字数が限られ、実際には紙面に文字が詰まっている文面でも、電子書籍では文字の大きさも含めて、自動的に読みやすい表示に変換される。 だから誰でも抵抗なく読み進めることができるのだ。

以前、勤め先の研修で、事前に課題図書が指定されたことが有った。
丁度、電子書籍も有ったので、それを読了した。

その後、研修にはリアル本を持参する指示が有り、仕方なく購入した。
実際、手にしたリアル本を手にした時に驚いた。
印刷された文字が小さく、1ページに詰め込まれた文字が半端ではなかったからだ。

もし初めからリアル本で読み進めていれば、読了までにかなりの労力を有したかもしれないし、或いは頓挫したかもしれない。
スマホの場合、このような状況を、知らず知らずのうちに緩和してくれるのである。

今年、知人のご令嬢が直木賞を受賞した。
寝耳に水でかなり驚いたのだが、興味本位もあって、いま読み進めている。

受賞作は単行本で厚かったが、電子書籍ではスライドさせるページ数は増えるだけで、本自体の厚さは関係ない。

作品が秀逸であることも手伝って、スマホ画面から物語がスクスクと入ってくる。
私の読書は、当分この形で進んでいくと思う。

2019年10月14日

※スマホの便利な活用法のお問い合わせはこちらまで