今後、どのQRコードのスマホ決済にするか?

QRコードをベースとしたスマホ決済サービスが、日本で次々立ち上がっています。

どうも中国で普及したニュースに触発され、どこも大急ぎで開発し、やっとサービス開始に漕ぎ着けた感じを受けてしまいます。

現在、私は交通系ICカードと大手コンビニのモバイルアプリを使っており、この二つがあれば日常生活は全く困りませんので、新たなスマホ決済サービスを利用する考えはありません。

暫くは様子を見て、どこが主導権を握るのか、見極めてからにます。特にセキュリティーの弱いサービスを使い、個人情報を盗まれることは避けなければなりません。

ただ気になるのは海外出張や旅行の場合です。

一部外国でのスマホ決済普及率は日本を大きく引き離しています。最近中国へ12年ぶりに里帰りした人の土産話ですが、現金で支払っていたのは、何処でも何時でも当人だけだったとのこと。面白いことに、当人が現金で支払った際、お店の方は小銭が無かったので、釣銭を紙幣で多く貰うことになったそうです。

買い物の際に、中国語を話せる当人でも精神的にキツかったらしく、これが日本人だったらどうなっていたか想像も出来ない感じです。私は数年前に中国へ出張した経験が有りますが、その話を聞いて、もう行く気持ちも失せてしまいました。

欧米は中国ほど突出していませんが、それでも北欧のスウェーデンはスマホ決済大国であると聞いています。

もし私が新たにスマホ決済のサービスを選ぶとしたら、海外でも十分使えるものにするでしょう。或る外資系クレジットカードのモバイルアプリでは、既にそのようなサービスを開始したと聞きましたが、果たしてそれはどれほど便利に使えるのでしょうか。今後注目すべき事柄です。

2018年11月10日

※スマホの便利な活用法のお問い合わせはこちらまで