WiーFiを一番使う所は交通機関です。

私はタブレットいつも使っていますが、その通信環境はSIMカード用のスロットが無く、Wi-Fi専用です。

それでも自宅と職場ではWi-Fi環境が整っているので、不自由なく使えます。しかし通勤時は携帯電話会社のサービスを利用している為、利用場所が駅などに限定されます。別にポケットWi-Fiを用意する方法もありますが、その為だけに支出を増やす事は出来ません。

先日、通勤時と同じ電鉄会社の別路線に乗る機会が有りました。その時のWi-Fiは私が利用している携帯電話会社のものでした。お蔭で車中で思う存分使うことができました。その際に実感したのですが、やはり駅よりも滞在時間が多い交通機関の方が、Wi-Fi環境として適しています。

最近、航空機や新幹線でWi-Fi環境の整備が進められています。身近なところでは、高速バスや路線バスの一部でも、Wi-Fiが使えるようになりました。

通勤においても、出張や旅行であっても、交通機関では纏まった時間を過ごします。ですのでWi-Fi環境の整備は、まずは交通機関から充実すべきではないでしょうか。

2018年7月28日

最近、通勤電車の一部に私か利用しているWi-Fiサービスの環境が加わりました。約50分間の車中で、タブレットを思う存分使っています。

2018年10月6日

※スマホの便利な活用法のお問い合わせはこちらまで