Suicaの逆襲とその先

 

逆襲はポイント還元から

私は六本木49階にある図書館に毎週末、通っています。
常設されているカフェテリアのスマホ決済は、これまではPaypayだけでしたが、いつしかSuicaも利用できるようになりました。

これにより、私の数少ないPaypay利用店舗が1つ無くなり、後は近所の中華料理店と弁当屋だけなのです。Paypayの残高が増えることは、もう無いかもしれません。

スマホ決済はポイント還元競争が賑やかですが、私の使用基準は如何に便利に使えるかです。 ポイント還元の為にいちいちアプリで使えるお店を探すなど本末転倒です。

と言いつつ、2019年10月からのSuicaのポイント還元の変更はとても気になります。 なにせJR東日本の在来線に乗るだけでJRE(JR東日本)ポイントが溜って行くのです。

これからは定期券も、その対象になるとのこと。
現在、通勤にJRを利用していないので、今はこの恩恵に預かれませんが、職場が変われば、その可能性は出て来ます。

注目はポイント還元率。カード型は0.5%に対し、モバイルSuicaは2%に変わります。 これはカード型からモバイルへの移行を推進していることを意味しています。

これまでブック型のケースにカード型を差し込むことで、運用的にはモバイルSuicaと違いはありませんでした。

しかし運営側から見ると、モバイルであれば、カードの作製コストを抑えられます。
現行のカードユーザーに対しても、カードの紛失や破損による保守コストが削減できるのです。

折しもPaypay祭りや7pay騒動で、誰しもポイント還元には敏感になりました。

特にnanacoは今年から還元率が0.5%に下がりましたので、モバイルSuicaの差は4倍になります。
Paypayと比べても倍以上です。(2019年9月現在)
今まで弱点とされてきたSuicaのポイント還元で、一気に逆襲にかかる感じです。

その先は外国人、そして海外市場。

数年前に中国へ何回か出張しましたが、今は全く行く気がしません。
その理由は、中国では外国からの訪問者はスマホサービスが、全く使えないからです。

決済は中国に銀行口座を持たねば利用できないとのこと。
しかし、それはなんとか現金で対応できそうですが、タクシーは不便になったと聞きています。

客待ちでホテルや空港で待機している車輌はこれまで通りなのですが、アプリで予約しなければ、流しのタクシーを摑まえることは、まず不可能とのこと。
つまり路上を走るタクシーは、アプリでいずれも予約済みで、空車は全く無いのが現状らしいのです。

だいたいにして中国のスマホサービスは閉鎖的です。
遥々訪れた外国人に優しくありません。
やはり自国民の人口が14億人弱いるのであれば、それだけで十分成り立って行くのでしょう。 致し方ないと諦めるしかありません。

しかし、そうは行かないのが日本です。
今後の発展は、海外に活路を求めなければならないと考えます。

まずは、外国人旅行客やビジネスマン向けにSuicaの利用を促進する。
調べたら、カードタイプは既に販売していました。

しかし、マスコミに騒がれる騒がれることもなく、物静かです。

であるならば、いっそのことモバイルSuicaの外国語版をリリースをして、キャンペーンを展開すべきだと、私などは考えてしまいます。

海外製のAndroidは無理ですが、iPhone8以降は、FeliCaチップが搭載されています。
ですので、外国人向けにモバイルSuicaを提供すれば、ヒットする可能性は大だと思うのです。

ターゲットは、ネットリテラシーを持つビジネス関係者から始め、その後に旅行者とすれば良いでしょう。 Suicaの決済方法は初めからクレジットカードですので、この面でも親和性が良いはずです。

但し、カスタマーサポートが鬼門になるかもしれません。
以前、Apple PayからモバイルSuicaが利用可能になった時、初期設定でサポートセンターに問い合わせが殺到し、混乱しました。

この時は日本語でしたが、これからは外国語での対応が迫られます。
電話やメールは勿論の事、チャットも求められるでしょう。
AIの組み入れも考えられますが、実用化にはまだ時間が掛かります。

いずれにしても慌てる事無く、これまでのように着実に進めて行くことを期待します。
決済サービスは失敗すると信用を一気にに失います。
事故や事件が起きないように、十二分に注意を払わなければなりません。

そしてモバイルSuicaを利用した外国人がその便利さを実感すれば、帰国してから自国の鉄道や店舗にも採用するように声を上げるはずです。

モバイルSuica が、海外にそのシステムを開拓していく、尖兵となるでしょう。
モバイルSuicaでニューヨークの地下鉄に乗れたら最高です。

2019年9月23日

※スマホの便利な活用法のお問い合わせはこちらまで