スマホ決済普及のカギは、学生食堂。

スマホ決済の投資費用が嵩み、大幅な赤字になったと大手SNSの決算発表が有りました。

スマホ決済は麻薬のように企業に入り込み、癌の如く企業の体質を蝕んでいく感がしています。

 

現在、日本には数多くのQRコード決済が乱立し、最近では「なんちゃらPay」と一括りにされる状態です。

中国を爆発的に普及し、参入障壁が低く、「スピードが命」「バスに乗り遅れるな」的視点でいとも簡単にルビコン川を渡ってしまったようです。 - しかし事業でルビコン川を一度渡ってしまうと、なかなか後戻りできません。

一般に「見切り千両」の譬えがありますが、果たして見切れる企業がどれだけあるのでしょう。「バスは定員オーバーで動けない状態」に陥り、「スピードが命取り」にならないことを祈ります。

話は変わりますが、先日、採用活動で或る大学を訪問しました。

お昼時に久しぶりに学生食堂を利用したのですが、いまだに現金決済で食券を買う方式でした。最近常々、財布を使わなければなければならない時、必ずこれはスマホ決済に置き換えることができるかどうか思案してしまいます。そして学生食堂に大きな参入余地が残っていると思ったのです。

但し、自分が思いついた時には、大概世間では既に実行済であったということを、これまで数多く経験していますので、早速調べてみました。 案の定、Paypayが神奈川大学とコラボしていました。

現時点ではこれだけです。

またSuica陣営も「学食パス」として、この手の事業を進めているようです。

しかしSuicaのウィークポイントは、初期投資が掛かることです。各大学も厳しい運営状況にある中、わざわざ投資が嵩むシステムを導入することはありません。故に、ここは導入しやすさではピカイチのQRコード決済の出番です。

混在時にスムースに運営していくためには、コード読み取り時に専任者が必要であると思います。ただ現金決済の場合には必ずお金を数える業務がありますので、これを代替すると思えば十分にお釣りがくるでしょう。

往々にして大和民族は、一旦身に着けた手段はなかなか変えることがない、保守的思考が強いのです。
学生の時に利用したスマホ決済は、卒業して社会人になっても恐らく引きずって行くでしょう。これが何年も続けば、まとまったシェアが形成されるはずです。

Suicaでさえ、今日の状況を作り出すまでにかなりの年月を要してきました。ですので5年、いや10年は辛抱しなりません。それまでに何社残ることができるのか。

個人的にはPaypayを支持します。
理由は簡単です、日頃利用している中華料理店、お弁当販売店そして喫茶店ではSuicaが使えず、Paypayでしか支払うことができないからです。

やはり、スマホ決済はどこで利用できるかです。
ポイント還元なんか一時のこと。 キャンペーンが終われば、利用することもまた終わってしまいます。

定常的に利用する決済手段だからこそ、スマホ決済は使える場所が大事なのです。

2019年7月27日

※スマホの便利な活用法のお問い合わせはこちらまで