キャッシュレスの目的って何?

目的は時間の節約

私がSuicaと初めて出会ったのは、ちょうど普及し始めた平成15年頃でした。

先輩と得意先回りをしていた時、JR の駅で先輩はおもむろにSuica を取り出し、改札を通り抜けて行ったのです。

私はその光景に目を見張りした。
そして俄然Suicaが欲しくなりました。もうこれで切符を買う必要が無くなると思ったからです。それまでにも磁気式のプリペイドガードが有りましたが、残高が無くなると買い足さねばならず、その為に券売機の前に立つことになります。

当初はSuicaもチャージする為に券売機を利用しなければなりませんでした。
しかしそれはモバイルSuicaの登場で一気に解消されました。通信回線を通してお金を携帯電話に足し込むことは、当時としては画期的な事だった思います。

私にとって「切符を買う無駄な時間や手間から開放される」ことが、キャッシュレスの目的でした。 1回辺りの手間を省く時間は少ないのですが、その回数の積み重ねて行くと、かなり時間の節約になります。特に新幹線や在来線の特急券も買えるようになると、みどりの窓口に行列を作って並び待つことは完全に出来なくなりました。Suicaは時間を節約し、個人の生産性を上げるツールとして、私は十年以上使い続けて来ています。

モバイルSuicaは年会費として1,030円が必要ですが、それに十分に見合う価値はあると思います。その会費も2020年には無料になると報じられました。


手段が目的化しているQRコード決済

昨今のQRコード決済普及キャンペーンの加熱ぶりには驚愕します。
果たして実際に普及しているのでしょうか。私は東京で暮らしていますが、身近なところでQRコード決済を使って買い物をしているシーンに出会ったことが有りません。

どうも巷では、QR コード決済という手段を普及させることだけが目的化しているように思えてならないのです。

QRコード決済の提供側は、利用者情報の収集と言う確固たる目的があり躍起になっていますが、利用する側は「支払いは現金で十分」との認識で切羽詰まっていません。

特にSuicaに慣れ親しんで人にとって、スマホの画面にQRコードを開く手間と財布から現金を出し入れする煩わしさと比べたら、その時間的効果は五十歩百歩と感じてしまうでしょう。わざわざ効果が少ないツールに移行し、使い込んでいく人は少ないと思います。ポイント還元で一時的にユーザーを取り込むことはできても、定着していくとは思えません。


地味に面倒な個人間送金

私が中国のキャシュレス決済を見ていて羨ましいのは、個人間送金です。
飲み会の割り勘や宴会の会費徴収等、これらは地味に面倒です。その最大の要因はオフラインでしか成立しないこと。この面倒がオンラインのキャッシュレスで解決できるのであれば、誰もが使うでしょう。本当に便利であるのでしたら。

これを実現させる為には、法的な障壁を解決したり、不正取引や事故・盗難・詐欺等のセキュリティー対策も組み入れなければなりせん。キャシュレス決済を提供する事業者は個人間送金でどのように収益をあげて行くかといく課題も残ります。

しかしキャッシュレス決済はデジタル世界で完結していますから、これも実現不可能な事では無いでしょう。未開の分野がまだまだ広がっています。最終的に個人間送金を普及させたところが覇権を握るように思えます。


個人間送金と海外利用に期待を込めてPaypayを始める

私が週一回通ってい図書館にはカフェが有り、いつもそこでコーヒーを買っています。
そこは六本木の49階で、最先端な雰囲気に満ち満ちているのですが、長らく現金でしか支払いできませんでした。

Suicaが使えれば良いのにと常々思っていると、カウンターに「Paypayできます」のPOPを発見。これを機にPaypayを始めることにしました。

僅か241円の為だけにPaypayを使うというのは気が引けますが、これからSuicaが使えないお店も増える来るでしょうから、そのための準備です。

早速インストールして内容をチェック。Paypayは銀行口座からチャージできる仕様になっていて、また個人間送金の仕組みも備わっていました。

今後Paypayのコアなアクティブ・ユーザーが増え、気軽に個人に送金できるようになったら、私も大いに利用していきます。

更に望むとすれば、海外で利用できるようになることです。
Suicaのウィークポイントは個人間送金と海外利用ですから、この二つが決め手です。

2019年3月10日

※スマホの便利な活用法のお問い合わせはこちらまで