iPhoneの凄さと不安。

iPhoneのユーザーインターフェースには感動します。

先日、知人のiPhoneにWi-Fiを設定するよう頼まれた時のことでした。通常ですと設定画面から、ネットワーク名またはSSIDを選択し、パスワードを入力すれば接続できます。

しかしこの時は、プロシキサーバーを使用している社内LANのルーターに繋げることが必要でした。

この場合、AndroidやWindowsでは通常のWi-Fi設定の他にプロシキサーバーの項目ボタンをクリックし、プロシキサーバーのIPアドレスやポートの値を入力しなければなりません。しかしiPhoneにはその項目を設定するボタンが見当たらないのです。

「設定できないということは、プロシキサーバーを利用しているLANには使えないかも」と危惧しましたが、いくらなんでもそんなことはないだろうと思い直し、接続ボタンをクリックしてみると、なんと繋がってしまったのです。

iPhoneの凄さを改めて実感した瞬間でした。

ただ今回のiPhoneは、それまで会社メールアドレスの同期設定をして、メールを転送をすることなく利用していたので、その設定内容をこの時に転用し、繋げてしまったのかもしれません。しかしシステム開発の視点から言うと、「そこまでやるか!」というレベルになります。

いずれにしてもiPhoneを製造しているApple社では、ユーザーに使いやすい製品を提供していくというポリシーが今も息づいている証拠です。

つまりAndroidやWindowsでは、必要な情報が手元に無いと先に進めませんが、iPhoneはそれを知らなくても処理ができるのです。これが決定的な違いです。

しかし同時に不安も感じます。

これだけiPhoneがブラックボックス化してしまうと、トラブルの際にその原因をユーザーが突き止めることが出来なくなったり、トラブルを解決してみようという気概が無くなってしまうのではないでしょうか。

軽微なトラブルでもそれを解消することなく、即機種取り換えになってしまうような気がします。

ユーザーは「要は使えれば良い」との発想であり、且つメーカーは「手離れがいい」という論法でしょうが、もしそうであるならば、前世紀からシステム機器と付き合って来ている私は、随分と寂しさを感じます。

機会が有ったら、iPhoneのユーザーに聞いてみたい事柄です。

2018年11月17日

※スマホの便利な活用法のお問い合わせはこちらまで