まずはさておき再起動。

不朽の名作「2001年宇宙の旅」を観た時の事です。

木星探索宇宙船ディスカバリー号を運行する人工知能搭載のメイン・コンピューターが反乱を起こして乗組員を殺害し始めた時、主人公が取った最後の対抗手段は「再起動」でした。

初回には感じなかったのですが、2回目にこのシーンを観た時に、スーパーコンピュータもトラブルの解決策に再起動を求めるという筋書きに対して、少なからず驚きを感じました。何故なら、その時には自分の回りにはパソコンが有り、再起動を身近に感じていたからです。

ところでパソコンに限らず、スマホやタブレットでも再起動が必要な時が有ります。

以前スマホで突然通話ができなくなった時に、再起動で解決しました。またクラウドの文書作成アプリで、アーカイブ(圧縮保存)した資料を元の状態に解凍できなくなった時が有り、その時は心底焦ったものです。これも再起動で不具合を解消しました。

これらの現象は、OSやアプリの不具合で、プログラムで使用したメモリーが解放される事なく、いつまでも占拠されている事に起因するとされています。最近このような現象を掃除するアプリが有りますが、一番手っ取り早い方法が再起動することです。再起動により不要なメモリー領域を一瞬にして消去してしまいます。

機器に不具合が発生した時は、まずはさておき再起動すると良い場合が有ります。

但し再起動後にパソコンが全く立ち上がらなくなったことも、私は経験しています。再起動の判断は、あくまでも自己責任です。

2018年6月15日

※スマホの便利な活用法のお問い合わせはこちらまで