【Apple Pencil 奮闘記】2本目からは自己負担にしましょうよ。

だいたいにして、無線接続の周辺機器ほど紛失しやすい物はない。

イヤホンのAirpods然り、そしてApple Pencilが危うい。

特に第一世代は、形状が完全に筒状であるから、少しでも傾きがあれば自走し始める。

Apple Pencilを仕事に使っている者は、これが無くなると不便この上ない。
直ぐに買い足すことになるだろう。

Apple Pencilをデザイン関係の仕事以外でそんなに使うのだろうかと、思われるかもしれないが、実際使ってみると、普通の仕事でも便利なのである。
10インチ前後のiPadを初めとしたタブレット端末のディスプレイでは、指先で細かな範囲指定は、容易には出来ない。それがApple Pencilでは可能となる。

まずiPad標準のFEP(日本語入力機能)で表示されるキーボードには、何故か矢印キー(← or →)が無い。故に文章を入力する際にカーソルを数文字戻したい時に非常に戸惑う。 今までWindowsyやAndroidユーザーであった私には考えられないことだ。

直ぐに矢印キーがある別のFEPをインストールしたが、Apple Pencilで細かく操作できるので、この不便さは解消する。 またカット&ペーストの範囲選択にも多用でき、図面の細かな範囲を指定する際にも重宝するだろう。

iPadOSがリリースされ、iPadでもマウスが使えるようになった。
しかし情報を見る限り、マウスの仕様はWindowやAndroidの操作イメージとは異なるようだ。 それならばApple Pencilをマウス代わりに使う方が良いのではないかと素直に思う。

ただApple Pencilは非常に高価だ。本体価格は一万円以上もする。
しかもちょっとでも気を許せば、直ぐに無くなってしまう。

私はその為の防止策を4つを自分に課している。
しかし悲しいかな人は神様でないので、それでも完璧は有り得ない。
私自身、いまも戦々恐々なのだ。

ましてこのような意識を持ち合わせていない場合は、尚更だろう。

現在、私の職場ではIT化推進を進めており、近い将来、iPadを社員に配布することになっている。 希望者にはApple Pencilも付ける。
だから、数多くのApple Pencilが消え失せてしまう光景が目に浮んでしまう。

故に私は、システム部門に口を酸っぱくして言っている。
「1本目は支給しても、2本目からは自己負担にしましょうよ。さもないとコストがダダ漏れになっちゃうぞ!」と。

そうなのだ。2本目から自己負担にすることで、利用者にはApple Pencilを絶対に無くしてはならないとの気概を持たせるのである。

目の前に所有者の分からないApple Pencilが転がっていれば、それを手にするだけで自分のものにできてしまうのである。

Apple Pencilは、それほど危険な代物なのだ。

2019年10 月5日

※スマホの便利な活用法のお問い合わせはこちらまで