【Apple Pencil 奮闘記】紛失しない為の防止策

 

1.名前を付けるは「基本のキ」

Apple Pencil(第一世代)を使い始めて約1ヶ月半。
とうとう紛失してしまいました。

購入した際に「これは絶対に無くす」と直感したので、それなりの対策は施していましたが、その甲斐もなく、消えてしまいました。

ある朝、ミーティングでiPadのブック型ケースを開いたら、有るべき所に無いのです。 価格が一万円もする高価なペンが、どこにも見当たりません。
かなり凹みました。 紛失すると、仕事にも影響が出てしまいます。

幸いにして最後に使った場所を把握していたので、そこへ問い合わせした結果、床に落ちていたとのことで、ホッと一安心。

しかしこのままでは、同じことがいずれ起こります。

故に再発防止策を以下の通りに自分に科しました。
ハード対策が三つ、ソフト対策が一つで、これはハード対策のひとつ目です。

私がまだ幼かった小学生の頃、先生から「自分の持ち物には必ず名前を付けましょう」と、よく指導されたものです。
大人になると見栄えで、このようなことはやっていませんでしたが、やはりこれが「基本のキ」です。

だいたいにしてApple Pencilなるものは、どれもこれもBluetooth接続してしまえば使えます。目の前にそれが落ちていれば、すぐに自分のものにしてしまうでしょう。

しかし、これに名前が付いていれば、その後の展開が違ってきます。

日本は「落とした財布が返ってく不思議な国」です。
職場に落ちていたApple Pencilの名前を見れば、誰もが落とし主に知らせようとするはずです。

実は、これを裏付ける、似たようなエピソードが有ります。
先日、私の同僚が東京ドームでスマホを落としてしまいました。
たまたまスマホのケースに名刺が入っていた事で、翌日には手元に戻ってきたのです。

Apple Pencilも、まずは名前を付けることが「基本のキ」なのです。

2.Apple Pencilを「収納できるケース」

Apple Pencilを紛失する可能性が一番高いのは、iPadを持ち歩く時です。
故にiPadを購入する時点で、ケースにApple Pencilを収納できる仕様のものを選びました。

ポイントはケース本体にある溝にペンを収納する仕様になっていること。
特にこれは、Apple Pencilを溝にパチッと嵌め込む仕様となっており、キチンと収納されていれば、ペンがケースから抜け落ちることは有りません。

これとは別に、バンドでペンを止めるケースがあります。
更に最新の第二世代のApple Pencilは、iPad Pro 本体横に磁力で装着されようになりました。
これらはいずれも見栄えが良いのですが、なにかの拍子でペンが引っかかり、ケースや本体からずり落ちてしまう危険性があるように思えます。

逆に私が採用したケースの欠点は、重量が有って重いこと。
iPad単体では軽いのですが、このケースにセットして持つとズシリとした手応えを感じます。 長く持っていると、手が疲れます。

しかし高価なタブレットをしっかり保護するのであれば、それは致し方ないと納得しています。

3.デスクの上には必ず「ペン立て」

ハード対策の3番目は、「ペン立て」です。

実はこれが、今回Apple Pencilを紛失した原因に直結する防止策のメインなのです。

「Apple Pencilは、持ち歩く時に絶対に落とす」と確信し、前述のペンの嵌め込み収納型ケースを利用し、十分に注意を払ってきました。

ペンを使い終わったら、すぐにケースに収納するように注意していたので、それまで失くすことはありませんでした。

しかし或る日、出先の会議で打ち合わせに熱中する余り、ふっとApple Pencilを机の上に置いてしまったのです。
それが下に落ちたことも気付かずに、そのまま会議室を出てしまいました。

今回、このような場合での対策はどうするか、熟考を重ねました。
まずはApple Pencilとケースを紐状のもので繋ぐペンヘルパーを探してみましたが、いずれもバインダーに繋ぐものばかりで、iPadのケースに合ったものは見つかりません。

その結果、Apple Pencilを机の上に置いても、資料の下に紛れることなく、しっかりと認識できれば紛失することはないだろうと考え、机の上でも目立つようにと、専用のペン立てを用意しました。
以来、会議の席上では必ずこのペン立てを目の前におき、使用しない時にはこのペン立てに必ず立てるようにしています。

4.使い終わる時の「指差呼称」

これまでの三つはハード対策でしたが、最後はソフト対策です。
指差呼称とは、日本中の工場や建設現場で行われています。

外出中に「玄関に鍵を掛けたのか?」「エアコンの電源を切ったのか?」と心配になることがあります。
これは考え事などして、無意識に行動していたことに起因するものです。

ですので、玄関で鍵を掛ける際に「玄関の鍵かけヨシ!」「エアコンの電源OFFヨシ!」と声を出して指差呼称を行うことで、折々の行動にしっかりとした意識付けを行い、その記憶を頭に刻みます。

このような雰囲気に慣れていない方は、一見カッコ悪いように見えるかもしれません。 しかし、この効果は抜群なのです。

声を出すことに躊躇いがあるのでしたら、無言でも良いのです。
私は、iPadを使い終わる時、かならずケースにあるペンの収納場所に指を差し付け、「Apple Pencil収納ヨシ!」と心の中で声を上げ、ペンがケースに収まっていることを都度確認することにしました。

Apple Pencilの紛失防止の為には、このような習慣付けが欠かせません。

2019年9月14日

※スマホの便利な活用法のお問い合わせはこちらまで