便利なデザリングは電気を喰う。

私のタブレットはWi-Fiのみで、LTEは使えません。外出の際は大手キャリアのWi-Fiサービスに頼る事になります。

ただWi-Fiは利用できるエリアが限定され、どこでも使えるわけではありません。

しかしどうしてもタブレットをネットに繋げたい時は、スマホのデザリング機能を利用します。スマホがWi-Fiルータの代わりになるのです。

これは結構便利です。画面が大きいタブレットでメールを打ったり、PDFファイルの内容をチェックする時に重宝します。 但し、気を付けなければならないのは、データ通信量とスマホの電池残量の関係。

デザリングは使ってなくても機能をONしているだけで電気を消費します。こまめに機能を切っておかないと、気付けば電池残量20%なんてしょっちゅうです。

ただでさえ電源の消費が多いスマホに、更に追い打ちを掛けてしまいます。

2018年6月10日

━━━━━━━━━━

スマホを機種変更してからも、デザリング機能は従来通り使っているのですが、一つ気になったことが有りました。それは使用し続けると筐体が熱くなることです。

これは以前には無かったことです。また使っていない時に熱くなることは有りません。 ところで、前に工事関係者から聞いた話ですが、電波のアンテナは送信の方が受信によりも機能が高いそうです。

デザリング機能は、タブレットからの電波を受信し、それを基地局に送信しますので、それなりのパワーを必要とするのでしょう。故に筐体が熱を帯びるのかもしれません。

使いすぎてスマホが爆発するといけませんので、デザリング機能はこまめに切り換えしています。

2019年1月20日

※スマホの便利な活用法のお問い合わせはこちらまで。